塩類下剤の効果ってどうなの?市販のものを調査してみた

 

 

お腹にやさしくて、しっかり働いてくれる「塩類下剤」の市販薬はどれ?

 

 

便がなかなかでない。あまりに出ないから、薬に頼らざるを得ないという方、多いと思います。

 

 

コーラックなどの下剤だと刺激が強いし、常用するのは悪いという話を聞きませんか。

 

 

わたしも以前は使っていたのですが、頼るのはやっぱり良くないなと思い。

 

 

下剤の中でも、刺激が弱い「塩類下剤」なるものの存在を知りました。

 

 

病院でも処方されますけど、ドラッグストアなどの薬局でも買えるものがあります。

 

 

実際に効くのか?お腹がいたくならないのか?など、口コミ情報を集めてみました。

 

 

 

 

 

1.市販では、どんな塩類下剤がある?

 

 

主流は錠剤タイプですが、液体タイプもあります。液体の方が即効性が期待できます。

 

 

塩類下剤に使われる成分は「酸化マグネシウム」か「硫酸マグネシウム」のいずれかです。一般的に用いられるのは「酸化マグネシウム」になります。

 

 

便に水分をふくませカサを増します。その刺激で大腸のぜんどう運動が促進され、排便に繋がるというものです。

 

 

(硫酸マグネシウムも同じ働きですが、より"即効性"を期待する方に向いています。)

 

 

酸化マグネシウム

 

いずれも第3類医薬品であり、ドラッグストアなどの薬局で購入できるものです。

 

 

3Aマグネシア

 

市販薬の代表格といえばコレ。もっとも有名で、愛用されているのが「3Aマグネシア」というもの。

 

 

他の塩類下剤と比較しても、効き目はゆるやかというのが、もっぱらの評判です。

 

 

服用してから1日後に効果を感じるという方が多いです。

 

 

3錠が基本ですが、少し追加しないと効き目を感じにくいという方の口コミが多いのが気になりました。

 

 

即効性というより、体に負担をかけずに便を出したい女性向けかもしれません。

 

 

 

 

ミルマグ

 

「3Aマグネシア」と並んで有名なのが、ミルマグ。

 

 

とにかく「お腹が痛くならない」という評判が圧倒的です。安心して飲めるのが特徴です。

 

 

効くまでの時間は、3Aマグネシアに比べるとマチマチ。

 

 

なので、この時間に出したい!という計画はたてにくいかもしれません。

 

 

あとは、錠剤の粒が大きくて飲みにくいと感じる方も少しいました。

 

 

完全に固くなってしまった便秘には、効果が乏しいようです。

 

 

スルーラック デルジェンヌ

 

 

エスエス製薬から発売されている塩類下剤です。

 

 

「早い方は約1〜2時間で効果が現れます。」というメーカーの記載ですが、実際はそんな即効性はありません。

 

 

便秘だけでなく、肌荒れにも直接効く成分を使っています。

 

 

3Aマグネシアやミルマグに比べると、効き目はやや強いです。

 

 

量は出るが、お腹がいたくなりやすいというのがネック。

 

 

ある程度、便秘症がひどい人に向いているかもしれません。

 

 

スラーリア便秘薬

 

ロート製薬から発売されている塩類下剤。

 

 

正直、あまりメジャーな便秘薬ではありません。どちらかというと、これから紹介する「液体タイプ」の方が良いです。

 

 

自分の適量を知ることや、時間などをつかむのが特に難しい薬です。

 

 

バッチリはまれば良いですが、いろいろ試行錯誤が必要。

 

 

なので、他の便秘薬でダメだった人の"助け船"的なものかもしれません。

 

 

硫酸マグネシウム

 

 

「スラーリア便秘内服液(ロート製薬)」が有名どころです。

 

 

液体タイプで、特に「即効性」が期待できます。

 

 

人によりますが、およそ2〜3時間後くらいに、排便効果が期待できるもの。

 

 

ただし、実際の口コミは効果が二極化。

 

 

全然効かない か 滝のようにでる か。とりあえず自分に合うかどうか、最小の量で買うことをオススメします。

 

 

効くのであれば、旅行や外出前など「ここ一番」に服用するものとして重宝しそうです。

 

 

 

 

2.塩類下剤の副作用

 

下剤に比べると、腸にやさしい塩類下剤。ですが、まったく問題がないわけではありません。

 

 

まれに"吐き気や立ちくらみ・だるさ"などの「高マグネシウム血症」という副作用が出る事があります。

 

 

とはいえ、かなりレアケースであること。症状が出たら服用を中止すれば治まるレベルです。

 

 

そこまで神経質になる必要は、ないかもしれませんが・・

 

 

心配であれば、病院で「マグミット」や「マグラックス」という酸化マグネシウムのお薬を出してもらうのが良いです。

 

 

適切な量のものを処方してくれますし、お医者さんのアドバイスを受けながら服用できるという安心感もあります。

 

 

市販のものとの比較は一概にはできませんが、症状にあった量を体に入れられるというのは強みです。

 

 

 

3.塩類下剤に期待できること、できないこと

 

市販薬の紹介をするまえに、塩類下剤についてもう少し詳しく知っておきましょう。

 

 

塩類下剤は、大腸に刺激を与えるものではなく、便自体の量を増やしたり柔らかくしたりします。

 

 

特に、固くなったうんちを直接柔らかくするのが特徴です。

 

 

長期間使用しても、副作用の心配がないという点が、魅力的ですよね。

 

 

とはいえ、お薬ですので完全に依存するのは個人的に良くないと思いますが。

 

 

"困ったときに、頼りになれば良し"とするレベルで、ちょうどいいのではないでしょうか。

 

 

幸いにも、習慣性というか依存性はないので、大きな問題にはならなそうですけどね。