3Aマグネシアを飲んだ口コミ・感想|気になる副作用や効果を紹介!

 

「便秘にはマグネシウムがいいって効くけど、実際のところどうなんだろう・・」

 

 

便秘用のマグネシウム入りのお薬で、一番有名なのが「3Aマグネシア」。お腹に負担をかける下剤よりもやさしいという口コミもあり、気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

 

ただ、副作用や効き目について、もっと慎重に検討したいかもしれません。

 

 

そこで、実際に3Aマグネシアを服用している30歳の女性に、飲んで見た感想を書いてもらいました!

 

 

 

 

 

1.普段、どんなお通じのお悩みがあるか

 

私は30を迎えたばかりの主婦です。

 

 

昔から、食生活や生活リズムを意識しても「朝の排便習慣」をつけたり、「トイレに行ける時に排泄を済ませておく」といったコントロールができませんでした。

 

 

トイレに行ける時には便秘で、ここぞという時にお腹を下してしまうこともあったのですが・・、

 

 

あるときから「おなかは痛いのに(出そうなのに)出ない」ということが増え、何日も便秘で苦しむ(そしてまた大切な時に下したり、あまりに出なくて浣腸に頼ってしまうことも…)という状態で困っていました。

 

 

そんな私が、3Aマグネシアを飲んで見てどうだったのか、お話ししたいと思います!

 

 

2.この便秘薬を買った理由

 

はじめは、ドラッグストアでも下剤ばかりを見ていたのですが・・

 

 

看護師をしている知人が「下剤はクセになりやすい、下剤が無いとどんどん出なくなってしまう」ということを教えてくれ、下剤が怖くなりました。

 

 

友人からおすすめの成分として教えてもらったのがマグネシウムで、腸に水分を集める効果があるとのこと。おまけにマグネシウムは一般の食品や健康食品にも含まれている、体に害のない(体にあるべき)成分だということも知りました。

 

 

マグネシウムの力で便秘を解消、腸をコントロールしていく「3Aマグネシア」を買おうと決めました。パッケージにも「非刺激性」「クセになりにくく、服用量を減らせる」と書いてあるので、安心できるなと思いました。

 

 

3.3Aマグネシアを、どのように服用しているか

 

一般的な錠剤やサプリメントと同じくらいの、小粒の商品で、クセのあるにおいや味もなく飲みやすいです。

 

 

白い粒なので、「薬かサプリメントを飲んでいる」と思われるだけで、見るからに怪しい薬・便秘薬、という恥ずかしさもなく、どこでも気軽に飲めます。

 

 

外出の際などもサプリメントケースやジッパー袋に必要量を入れて持ち歩くようにしています。私のお守りみたなもんですね。

 

 

続いて、どれくらいの量を飲んでいるのかについてですが。

 

 

大人は一回に3〜6錠飲むと記載されていますが、私は3錠でもゆるくなってしまうこともあったので1日1回2錠を、寝る前に飲みました。(便秘が解消されるのは嬉しいですが、下痢も困るので)

 

 

薬は効くまでに時間がかかるので、寝る前に飲んで朝方スッキリというのが目標でした。(用法にも、寝る前がおすすめと書いてあります。)

 

 

4.便秘の悩みには効果があった?

 

「3Aマグネシアを飲んだ」という安心感もあってか、しばらく続けると朝にスッキリすることが増えました。強固な便秘(そして何日かおいていっきに下してしまう)という悩みは改善されました。

 

 

また、頻繁に便通があるようになったので、排便時のお腹の痛みや、おしりが切れてしまうこともほとんどなくなりました。

 

 

マグネシウムには、カルシウムと相互作用して丈夫な骨を作ったりする作用もあったり、正常範囲の摂取であれば副作用もあまりないと言われています。

 

 

私は妊活中なのですが、その期間でも安心して飲み続けることができたのも良かったです。ほかにも、マグネシウムのおかげか、便通が整ってきたからか、ニキビが減ったり肌荒れが解消されたようにも感じました。

 

 

 

 

5.3Aマグネシアを飲んで、副作用や体の不調は起こった?

 

 

副作用ではないと思うのですが、便がねっとりべたつくような不快感がありました。マグネシウムを飲むと、そのような症状を訴える人が多いようです。

 

 

また、これまで便秘だったからか、しばらくは朝スッキリした、と思っても「お昼前や昼食後頃」に残便感というか気持ち悪い感じがありました。

 

 

結局出るようになればなったで、トイレを気にしなければならない生活がはじまってしまうというジレンマ。

 

 

その反面、通常は2錠のところを1錠に減らしたり、飲まなかったりすると翌朝便通が無いので、そのあたりのコントロールで悩み仕事や外出でブルーになったりすることはありました。

 

 

「クセになりにくい」というのは、他の便秘薬に比べてそうなのかもしれませんが、私は少しクセになってしまったようで、「飲み忘れた」「間違えて2回(4錠)飲んでしまった」等考えれば考えるほど、お腹の調子が狂うこともありました。

 

 

3Aマグネシアはとってもよいお薬なのですが、それ中心の生活で自分が振り回されるといいますか、依存してしまう自分に気づきました。

 

 

6.3Aマグネシアは、人におすすめできる?

 

 

食品や生活習慣で腸内環境を改善できるとそれに越したことはないですが・・

 

 

どうしても薬に頼りたい、何かを試してみたい、という方には、他の刺激性の便秘薬よりはこちらの商品の方が、長い目で見てやめやすいしコスパも良いし成分もはっきりとしているし良いと思います。

 

 

ただし、はじめから一日限度量の6錠を飲むのではなく、3錠からはじめて体調を見ながら少しずつ増やしたり減らしたり、できるだけ「薬に頼る」のではなく「排便習慣をつける」ために飲まれると良いと思います。