【妊娠中】マグミットを服用した20代女性の口コミ|効果や副作用をしっかり紹介!

 

病院で処方してもらったマグミット

 

 

 

このページでは、マグミットを処方してもらった29歳女性の体験談のページです。


 

私はアラサーの主婦です。元々ひどい便秘というわけではなく、2日に1回ペースくらいのお通じでした。

 

 

それが、妊娠し妊娠中期あたりからひどいと3日や4日出ないということも。

 

 

お腹が大きくなってくるにつれ、便秘のときの苦しさやお腹の張りが気になるようになりました。

 

 

外食などして少し多めに食べた翌日など、お通じがないとかなり苦しかったです。

 

 

妊娠による便秘は、便意すらない、便意があっても思うように出ない、という状態です。

 

 

今まであまり便秘で苦しいという感覚がなかったのですが、妊娠を機に便秘の苦しさや便秘による切れ痔も経験し、便秘の辛さを実感しました。

 

 

 

 

 

 

1.マグミットは、病院でどんな風に処方された?

 

妊娠中も服用できる安心なお薬で、なおかつ妊婦さんに便秘は付きものだから一日の服用量さえ守れば毎日飲んで良いと言って頂きとても安心しました。

 

 

妊娠中は便を出すのにいきむこともお腹の張りに繋がったり、妊娠中の痔がきっかけで出産後も痔に苦しみ続ける人も多いとのことで、便秘と付き合い続けるよりもマグミットを飲んで毎日お通じがある方が良いと言われました。

 

 

1日3回(毎食後1錠)の服用を勧められ、お通じが良くなってきたら回数を減らしたり、ゆるくなりすぎたら服用をストップするなど自分で調節できるお薬です。

 

 

2.マグミットを実際に飲んでみて感じた効果

 

毎食後に飲むことを続ければ便秘の改善は感じられました。ただ、効果を感じるまでに一週間ほどかかったような印象があります。

 

 

市販の便秘薬のようにすぐに効果が出るものではなく、妊娠中も使えるくらいなので、そこまで強い薬ではないからだと思っています。

 

 

効果が緩やかな分、即効性は感じられにくいが副作用や不快な症状(お通じの際のお腹の痛みや、お通じが良くなりすぎて外出や仕事に支障を来たすなど)のリスクも少ない優しいお薬なんだと思います。

 

 

効果に関して具体的には、便意が起こりやすくなった・便が柔らかくなりするんと出るようになったという実感があります。

 

 

調剤薬局でも、便に水分を含ませ出やすい状態にしてくれると説明されました。服用と同時に水分を多めに摂ることでより効果がでやすいみたいです。

 

 

ちなみに私の場合は、服用をサボって1日1錠とかにしてしまうと2日に一回ペースのお通じになってしまったので、慢性的な便秘であれば1日2.3回の服用がベストだと感じました。

 

 

 

 

3.マグミットによる副作用や体の不調

 

 

副作用はこれと言って感じませんでした。服用量を守っていれば特に副作用のない優しいお薬だと思います。

 

 

飲む前は妊娠中にお薬はなるべく飲みたくないと思い、便秘も運動と食事・水分量でなんとかしようと頑張ってましたが、医師に勧められ飲み始めました。

 

 

私自身今までに便秘薬を服用経験はなかったのですが、友人の話などを聞いて便秘薬の勝手なイメージがありました。

 

 

具体的には、飲むとお通じは起こるけれど、お腹が痛くなったり、効きすぎて下痢になったり、便秘薬に身体が慣れてしまうと便秘薬無しでは出ないというようなことになったりしそう...と思っていたので、正直言って抵抗がありました。

 

 

しかし、かかりつけの医師がマグミットは通常の便秘薬とは違って、癖にもなりにくい。また、溜まった便を一気にだす作用ではなく出やすい状態にしてくれるお薬だと丁寧に説明してくださり、安心して飲むことができました。

 

 

 

 

4.マグミットの飲み方、タイミングについて

 

 

1日3回まで、毎食後1錠ずつと指示されています。

 

 

妊娠による便秘なので産むまで便秘はあるだろうということで、とりあえず一カ月分まとめて処方してもらいました。

 

 

飲み始めて今で2カ月くらいです。

 

 

飲み方のアレンジというよりかは、便秘の改善を感じたため、2週間ほどは少しサボってしまい1日1回のこともありましたが、わたの場合そのペースだとやはりちょっとお通じが悪くなってしまいました。

 

 

なので、それからは1日2回ペースの服用を続け、お通じは1日1回か2日に1回というペースを保っており、以前のような便秘の苦しさ・切れ痔からも解放されている状態です。

 

 

医師からはゆるくなりすぎたりしたら服用回数を減らしても良いと言われているので、お薬の効きが良かった方などはゆるくなりすぎるのを防ぐための工夫として服用回数を減らすなどアレンジするようです。

 

 

見た目はどちらかというと大きめの薬です。水に溶けやすいようで、口に含むと唾液ですぐに溶け出します。

 

 

苦味はないのでそれでも特に苦ではありませんが、多少粉っぽさが口に残る感じはします。

 

 

妊娠中の便秘薬で安心して飲めるのがなくて不安・・という方の参考になれば幸いです。