オリゴ糖は便秘に効く?気になる疑問から選び方まですべてがわかる

 

オリゴ糖が便秘に良いって聞くけど、実際どうなんだろう・・

 

 

これからオリゴ糖デビューを考えている方へ。少しでも便通を良くしたいですよね?

 

 

便秘のケアは、ヨーグルトや食物繊維、オリゴ糖やお茶など、いろいろなケアがあります。

 

 

とりあえず「消去法」で、ヨーグルトがダメだったから「オリゴ糖」と考えているかもしれません。

 

 

このページを見れば、『オリゴ糖初心者』の"気になること"が、すべてわかります!

 

 

 

 

1.オリゴ糖は、他の乳酸菌や食物繊維と、何が違う?

 

 

オリゴ糖ってそもそも、何者なのでしょう。

 

 

一言で言うと「糖分の一つ」です。砂糖、オリゴ糖、ショ糖、ブドウ糖・・いろいろある中の一つです。どれも似ているように思えますが、カロリーも働きも違うので「別物」と考えた方がいいです。

 

 

砂糖よりもカロリーが低いので、もともとは料理の甘味を出すのに使われます。ただ最近では、ダイエットや便秘に効果があるとして注目されています。

 

 

オリゴ糖の、何が便秘によいの?

 

オリゴ糖は、ビフィズス菌(善玉菌)の『エサ』になります。ビフィズス菌は、大腸の働きを活発にする菌です。

 

 

オリゴ糖をとる→ビフィズス菌が体内で増える→大腸の働きがよくなり、お通じが良くなる

 

 

ビフィズス菌を増やすことで、腸内環境が安定し、便秘になりにくくなるのです。

 

 

乳酸菌や食物繊維と、どこが違う?

 

 

 

ヨーグルトでとれる乳酸菌やビフィズス菌は、「体内に補充」するもの。

 

 

オリゴ糖や食物繊維は、「もともと体内にいるビフィズス菌を増やす」お手伝いをするものです。

 

 

「外から増やす」か「体内にいるものを増やす・育てる」か。どちらも「ビフィズス菌を増やす」という点では、同じです。

 

 

※食物繊維との違い※

 

・オリゴ糖の方が、ビフィズス菌のエサとして優れています。

 

・ただし食物繊維には、「便をふくらます」働きがあります。便の量が少なくて、便秘の時は「食物繊維」が良いです。

 

 

オリゴ糖が、一番効くの?

 

 

 

「乳酸菌を直接補充する方がよい」「体内にあるビフィズス菌を増やす方がいい」と一概には言えません。

 

 

人によっては、ヨーグルトの乳酸菌で効いたり、別の人はオリゴ糖が効いたり。人間の腸内環境は、100人いれば100通りの環境ですので、何が合うかは人によって違うのです。

 

 

一番手軽に試せるのはヨーグルトで、ヨーグルトが利かなかった人が「オリゴ糖」に流れるパターンが圧倒的です。

 

 

もしヨーグルトを試していないなら、2週間ほど続けてみてからオリゴ糖を検討してみるのも一つ。

 

 

ただ、ヨーグルトがダメで、その次にオリゴ糖をとって良くなった人はたくさんいます。

 

 

某アンケートの結果で、100人中86人が、「ヨーグルトがダメ→オリゴ糖で便通が良くなった」というデータがあります。

 

 

腸内環境は人それぞれですが、オリゴ糖と「相性がいい」人は多いようです。

 

 

〜酸化マグネシウムではダメなの?〜

 

テレビCMでも取り上げられている「酸化マグネシウム(カマ)」のお薬が気になる方もいるかもしれません。

 

酸化マグネシウムには、便を柔らかくする働きがあるのですが、大腸の働きそのものを活発にするわけではありません。

 

また、お薬ですので副作用はつきものです。マグネシウムをとりすぎると腎臓に蓄積し、心臓が悪い人は不整脈の原因になるなど、リスクはゼロではありません・・。

 

あくまで「可能性があるレベル」なのですが、オリゴ糖の方が安心して続けられるというメリットがあります。

 

 

2.オリゴ糖の選び方

 

「オリゴ糖を試してみたい。でもどんなオリゴ糖をとればいいのだろう・・」

 

 

オリゴ糖にも、いろいろな種類がある

 

 

オリゴ糖といっても、たくさんの種類に分かれています。オリゴ糖を種類ごとに、まとめてみました。

 

 

便秘対策

食べ物

主な特徴

フラクトオリゴ糖

にんにく、アスパラガス、ねぎ、たまねぎ、ごぼう等

クセのない甘味

ガラクトオリゴ糖

牛乳や乳製品など

大豆オリゴ糖

大豆や豆乳、味噌

乳果オリゴ糖

ヨーグルトなど

オリゴ糖の中で1番甘みが強い

キシロオリゴ糖

トウモロコシ、タケノコなど

整腸作用に優れる

 

 

便秘対策として、抑えておくべきポイント

 

@ガラクトオリゴ・フラクトオリゴが入っていること

 

Aオリゴ糖の種類が、たくさん入っていること

 

 

ビフィズス菌のエサとして効果が高いのは、「ガラクトオリゴ糖」「フラクトオリゴ糖」です。この2つをとることを、まず考えましょう。

 

 

残りのオリゴ糖も、ビフィズス菌への効果は少なからずあります。1種類でも多くとるほうが、便秘への効果が期待できます。

 

 

"食べ物"と"液体"と"粉末(顆粒)"、どれがいい?

 

 

オリゴ糖には、スーパーでよく見かける「液体」タイプと、溶かして使う「粉末(顆粒)」タイプがあります。

 

 

食べ物にも「オリゴ糖」は含まれていますが、量が「わずか」なので効率が悪いです。液体か粉末にしましょう。

 

 

では、液体と粉末、どちらが良いのでしょう?両者を比べてみました。

 

 

液体

粉末(顆粒)

おもな購入場所

スーパー

通販が多い

純度

△低い
※他の糖分
※添加物


高いものが多い

オリゴ糖の種類


ほとんど1種類


最高6種類

値段


安い


やや高い

 

※純度=オリゴ糖以外のものが多く入っていれば「純度が低い」。

 

 

便秘対策で考えると、「液体より粉末」の方がすぐれています。

 

 

液体製品は、もともとが「砂糖の代わりになる、カロリーが低い甘味」として作られたものです。液体は『調味料の一種として使う』のがメインです。

 

 

実際、液体のオリゴ糖は飲み物や食べ物にまぜて、「甘さを足す」用途で使います。

 

 

粉末(顆粒)は、はじめから「便秘ケア」目的で作られています。中身が充実しているので、値段は高くなります。しっかり便秘ケアをしたいのなら、はじめから「粉末」のものから選んだ方がいいです。

 

 

3.オリゴ糖のおすすめ3選

 

粉末(顆粒)タイプのオリゴ糖で、おすすめのものを3つ紹介します。

 

 

オリゴ糖選びの、チェックポイント

 

@ガラクトオリゴ糖・フラクトオリゴ糖が入っていること

 

Aオリゴ糖の種類が、たくさん入っていること

 

 

 

1位:カイテキオリゴ

 


カイテキオリゴ ※通販限定

 

[日本一売れているオリゴ糖]

 

ガラクトオリゴ糖× フラクトオリゴ糖◎

 

オリゴ糖6種類

 

 

「みんなが使っているものを使いたい」なら、日本一の販売実績がある「カイテキオリゴ」がよいでしょう。

 

 

オリゴ糖の中身が充実しているのもありますが、派手なCMや宣伝をしていないのに、日本一売れているオリゴ糖になったところに注目したいです。

 

 

失礼ながら知名度のあるメーカーではないですし、派手にCMをうっているわけでもありません。もともと知名度がない「カイテキオリゴ」が売れているのは、商品が本当に評価されて口コミが広がったということなのです。

 

 

メーカーさんの開発秘話も、人間味があふれていて面白いです。"なんとなく応援したくなる"ような魅力をもった商品です。

 

 

 

 

2位:はぐくみオリゴ

 


はぐくみオリゴ ※通販限定

 

[ 5種のオリゴ糖をブレンド ]

 

ガラクトオリゴ糖◎ フラクトオリゴ糖◎

 

オリゴ糖:5種類

 

ビフィズス菌を増やすのに効果の高い、「ガラクトオリゴ糖」と「フラクトオリゴ糖」が両方入っています。質・量ともに充実したオリゴ糖です。

 

 

妊娠中の女性向けに開発されたものだけあって、「安心・安全」にこだわっています。着色料や香料などといった添加物を使っていません。

 

 

口の中にいれるものだからこそ、「体にやさしいものを」ということを、徹底しています。

 

 

オリゴ糖の種類も5種類と豊富です。ほとんどのオリゴ糖粉末が1〜2種類ですから、充実しています。

 

 

正直、他のオリゴ糖より値段は高め。値段が高い分だけ、オリゴ糖がしっかり入っているということです。しっかりビフィズス菌を増やして、便秘対策をすることができます

 

 

妊娠中、授乳中の女性に多く愛用されているオリゴ糖ですが、それ以外の女性でも問題なく使うことができます。

 

 

 

 

3位:オリゴのおかげ

 

オリゴのおかげ

 

[トクホのオリゴ糖・コスパ良し]

 

ガラクトオリゴ糖× フラクトオリゴ糖×

 

オリゴ糖1種類

 

 

オリゴ糖製品の中でも数少ない、「トクホ」のオリゴ糖です。

 

トクホとは?

 

・消費者庁許可特定保健用食品のこと。

 

・商品の効果がある、科学的なデータを国に出して、それが認められたものを指します。

 

 

国が認めたものなので、間違いがない商品という「安心感」があります。ただあくまで、「特定の条件で効果があった」というデータなので、『国が効果を保証しているわけではありません』。

 

 

「オリゴのおかげ」で使われる「乳糖果糖オリゴ糖」が、お腹の調子を整えて腸内環境をよくすると宣伝してOK、と国で認められたものです。

 

 

ただ「ビフィズス菌を増やすケア」として考えると、「ガラクトオリゴ・フラクトオリゴ」の方が期待できます。

 

 

『腸内環境を整える』ためならよいですが、「ビフィズス菌を増やす便秘ケア」となると、ほかの2つの方が期待できます。

 

 

スティックタイプなので、1回ごとに使いきれて使いやすいです。オリゴ糖の粉末の中では、一番コスパは良いので続けやすいです。

 

 

 


カイテキオリゴ

はぐくみオリゴ

オリゴのおかげ

画像

オリゴ糖の種類

フラクトオリゴ糖
ラフィノース
ミルクオリゴ糖
乳糖
イソマルトオリゴ糖
環状オリゴ糖

ガラクトオリゴ糖
フラクトオリゴ糖

キシロオリゴ糖
乳果オリゴ糖
ラフィノース

乳果オリゴ糖

特徴

日本一売れている

5種のオリゴ糖をブレンド

トクホのオリゴ糖

価格
1回のみ

3065円

3680円

※取扱ナシ

1日あたり

約100円

約122円

-

価格
定期購入

2604円から

初回限定1840円
2回目〜2944円

1258円

メーカーのサイト

 

4.オリゴ糖に関するQ&A

 

オリゴ糖に関する、気になる疑問についてお答えします。

 

・注意すべきことは?どれくらいで効果が出る?

 

・副作用は?

 

・どうやって、粉末を使えばいいの?

 

注意すべきことは?どれくらいで効果が出る?

 

A.「とりすぎ」に注意。お腹をこわします。

 

 

大人の場合、一日に大さじ一杯分くらいが適量です。各メーカーのパッケージにも、使用量の目安が記載されているので、守りましょう。

 

 

「たくさん使えば、効き目も強いだろう」と判断して、多めにとるのはNGです。

 

 

とりすぎるとお腹を壊す可能性が高いです。もともとオリゴ糖は、消化吸収されずに「大腸」に届けないと意味がありません。

 

 

「そのままの状態」で大腸に届くため、量を多くしすぎると大腸に負担をかけてしまいます。

 

 

焦る気持ちがあるかもしれませんが、「毎日継続してビフィズス菌を増やすこと」が大事です。一気に腸内環境は変わりません。

 

 

効き目がでるまでの期間は、早い人で1週間、遅い人で1か月近くかかります。腸内環境がどれくらい悪かったのかによるので、個人差があります。

 

 

副作用は?

 

A.健康食品なので、副作用はありません。

 

 

薬のような副作用はありません。「砂糖を食べて、副作用が起こったことがありますか?」と聞くのと同じようなものです。

 

 

とりすぎるとお腹を壊す以外に、体への悪影響はありません。あくまで「ビフィズス菌の栄養補給」で糖分をおぎなうものです。

 

 

どうやって、粉末を使えばいいの?

 

A.基本は、飲み物や食べ物に混ぜて使います。

 

摂取方法は、いろいろあります。

 

 

コーヒーやココアなどの「お砂糖代わり」のようにも飲めますし、野菜ジュースに混ぜてもいいです。牛乳との相性もいいです。

 

 

食べ物ですと、ヨーグルトが一番相性がいいです。熱にも強いので、普段の料理の砂糖代わりにしても大丈夫です。

 

 

そのまま「水」に溶かして飲むこともできます。ほんのり甘い水のような味わいです。ただ、水は好みがあると思います・・

 

 

太らないか心配・・

 

A.砂糖の半分のカロリーです。

 

オリゴ糖は「糖分」です。「毎日とると太ったりしないか?」が心配になるかもしれません。ですが心配ありません。

 

 

もともと糖分の中でもカロリーが低く、砂糖の半分です。しかも1日に必要なスプーン1杯の量だと、10〜15キロカロリーです。ごはん茶碗1杯分の10分の1、野菜ならセロリと同じくらいのカロリーです。

 

 

3つの中で迷ったら、「カイテキオリゴ」

 

3つのオリゴ糖、どれもよさそうだけど、どれにしたらいいだろう・・

 

 

それぞれの商品によいところはありますが、3つの中で選ぶなら「カイテキオリゴ」をおすすめします。

 

 

 

 


カイテキオリゴ ※通販限定

 

 

知名度がないメーカーなのに、日本一売れているオリゴ糖だからです。

 

 

「売れている=良いもの」とは必ずしもいえません。大手メーカーならドラッグストアに大量にならべたり、CMを派手にうったりすればたくさん売れます。

 

 

ところがカイテキオリゴのメーカーさんは、大手ではありませんしそうした予算も(失礼ながら)ありません。

 

 

でも「良いものは自然と口コミで売れていく」というのを、リアルに表しているのが「カイテキオリゴ」だと思います。本当によいものだから、口コミでどんどん拡散しているのです。

 

 

『使った後』でも全額返金してもらえる制度もありますし、気軽に試しやすいのも魅力です。

 

 

 

 

▲▲もう一度、3つのオリゴ糖を見てみる▲▲