ビフィズス菌を増やすには何が良い?便秘にはサプリが一番のワケ

 

 

乳酸菌より、ビフィズス菌をとった方がいいのは本当?

 

 

便秘に関する悩みといえば、真っ先に「乳酸菌」が思い浮かぶと思います。

 

 

ですが、乳酸菌はあくまで「小腸」の働きを助けるものです。便に関する働きは、「大腸」です。

 

 

大腸で働くのは「乳酸菌」ではなく「ビフィズス菌」です。

 

 

どうケアをすればよいのか、見ていきましょう。

 

 

 

 

 

1.ビフィズス菌のおもな働き

 

ビフィズス菌は、大腸の中に住み着いている善玉菌です。善玉菌の99%がビフィズス菌で、残りは乳酸菌などです。

 

 

〜ビフィズス菌の働き〜

 

[すべてのビフィズス菌に期待できる]

 

●便秘の予防、改善

 

●お腹のガスを取り除き、ぽっこりお腹を防ぐ

 

●大腸の病気を予防

 

[ビフィズス菌の種類による]

 

○大腸がんを防ぐ

 

○皮下脂肪、内臓脂肪を抑える

 

 

ビフィズス菌は「大腸」で働きます。悪玉菌が働きにくい腸内環境を作るほか、ビフィズス菌が作る「酢酸」が悪玉菌を直接抑えます。

 

 

腸内に悪玉菌がたくさんあると、大腸の「ぜんどう運動」が抑えられて便を運ぶ力が弱くなります。また、悪玉菌が発するガスによって、お腹が張ったり、膨満感がでたりします。

 

 

悪玉菌をやっつけることで、大腸がしっかり働き便秘が改善します。悪玉菌によるガスを抑えるので、ぽっこりお腹をケアします。

 

 

ビフィズス菌の種類によっては、大腸がんの原因になる菌を抑えたり、ダイエット向けに皮下脂肪が増えるのを抑えるものもあります。

 

 

ビフィズス菌と乳酸菌の違い

 

ビフィズス菌

乳酸菌

働く場所

大腸

小腸

効果

便秘・下痢への効果◎
お腹ぽっこり◎
大腸がん予防△
ダイエット△

便秘への効果○
美肌○
免疫力UP

 

 

便秘といえば「乳酸菌」をイメージする方も多いかもしれません。ですが乳酸菌は、便がたまる「大腸」ではなく「小腸」で働くものです。

 

 

乳酸菌があるとビフィズス菌が増えやすくなるので、間接的にビフィズス菌のサポートをしています。「便秘改善」で考えると、乳酸菌よりビフィズス菌です。

 

 

 

 

2.どうやって、ビフィズス菌をとればいい?

 

ビフィズス菌をとるには、2つの方法があります。

 

○体内にいるビフィズス菌を「増やす」

 

○ビフィズス菌を「直接、体の中に入れる」

 

体内にいるビフィズス菌を「増やす」

 

成人の体には、ビフィズス菌が必ず住み着いています。今、大腸の中にいるビフィズス菌に「エサ」を与えて、増やすという方法です。

 

 

ビフィズス菌は、熱や胃酸に弱いので、直接口から入れても大腸まで届きません。だから、大腸にいるビフィズス菌が増えるのを助けるのです。

 

 

ビフィズス菌のエサになるのは「オリゴ糖」です。砂糖などと同じ、糖類の一つです。くせが少ない、ほどよい甘さがあります。

 

 

オリゴ糖は消化されずに、そのまま大腸に届いてビフィズス菌のエサになります。消化されないで大腸に届くので、大腸には負担がかかります。

 

 

お腹がよわくなったり、下痢しやすくなるというデメリットがあります。

 

 

最近では、ヨーグルトやサプリでビフィズス菌を「生きたまま」おぎなえるものも増えてます。直接おぎなう方が効率はよいので、直接おぎなう方法をオススメします。

 

 

ビフィズス菌を直接、体の中に入れる

 

食べ物からはとれない

 

ビフィズス菌を増やせる食べ物は、残念ながらありません。

 

 

「乳製品をとれば、ビフィズス菌が増える」イメージがあるかもしれません。ですが、ビフィズス菌が自然に入っている食べ物は、ないのです。

 

 

ビフィズス菌は熱や酸素に弱いです。そのため、一般的な食べ物の中には定着しにくいのです。乳酸菌はビフィズス菌とは違い、乳製品や発酵食品に含まれています。

 

 

「ビフィズス菌を配合した、ヨーグルトってあるけど?」

 

 

ヨーグルト自体にビフィズス菌が入っているわけではありません。ビフィズス菌をヨーグルトに追加して加工しているだけなのです。

 

 

乳製品や野菜などからはビフィズス菌はとれませんが、ヨーグルトならビフィズス菌をとることができます。

 

 

ヨーグルトからとる

 

「生きたまま腸に届く」という言葉を、耳にしたことがあると思います。ビフィズス菌は熱や胃酸に弱いので、独自の加工をして届かせるものです。

 

 

最近では、熱や胃酸に強いビフィズス菌を開発するメーカーもあったりと、技術は進んでいます。

 

 

「手軽にとれるので、ヨーグルトをたべよう」と思った方も多いかもしれません。

 

 

ですが・・ヨーグルトでは気になる点もあります。

 

 

「ビフィズス菌がどれくらい入っているのか、わからない」という点です。

 

 

ビフィズス菌の摂取量の目安はありませんが、含まれている菌量は、多ければ多いほど効果が出やすいのです。

 

 

もともと私たちの体内にあるビフィズス菌の数は、1兆個とも言われています。さらに、年齢とともに減少していきます。量が多いほど正常に働きやすくなります。

 

 

ビフィズス菌入りのヨーグルトは、大手メーカーが開発しています。知名度はあるので安心できる反面、CMや広告宣伝にお金を投入している分、商品の中身に十分にお金をかけていないというのは、よくある話です。

 

 

サプリを飲むというのも一つ

 

 

ヨーグルトだと手軽におぎなえますが、しっかりビフィズス菌をとるなら「サプリメント」をとるのも一つです。

 

 

ビフィズス菌が入ったサプリが、各メーカーから発売しています。サプリは、たくさんの量のビフィズス菌をおぎなえるのが特徴です。

 

 

ビフィズス菌は毎日継続しないと、なかなか菌が増えていきません。腸内では常に、善玉菌と悪玉菌が勢力争いをしているからです。

 

 

毎日とることは大事ですが、どれくらいの量かわからないヨーグルトを食べるよりも、しっかりビフィズス菌を送り込めるサプリの方がよいでしょう。

 

 

値段が高そうなイメージがあるかもしれません。ですが、1日あたり100円以内でおさまるサプリが多いです。ヨーグルトだと、130〜150円ほどかかります。

 

 

サプリは薬ではありません。ビタミンと同じ感覚で、ビフィズス菌をおぎなう健康食品です。

 

 

3.ビフィズス菌をとるのに一番良いサプリは?

 

 

ビフィズス菌サプリを選ぶときに、注意点があります。

 

 

ビフィズス菌といっても色々な種類があり、それぞれに「得意分野」が違います。

 

 

ご自身のお悩み別に、自分に合ったビフィズス菌をとってみましょう。

 

 

〜3つの、ビフィズス菌サプリ〜

 

大腸の健康を守りたい方(大腸がんの予防)

 

美容と健康を、両方ケアしたい方

 

『ぽっこりお腹』が気になる方

 


大腸の健康を守りたい方

 


ファンケル 快腸サポート

 

 

便秘解消+大腸の病気予防

 

 

大手健康食品メーカーのファンケルから出ている、ビフィズス菌サプリです。

 

 

ビフィズス菌はたくさんの種類がありますが、BB536というビフィズス菌を使っています。

 

 

BB536は、臨床試験(実際に人間に服用してもらった試験)をして効果が認められたものです。

 

 

「ビフィズス菌が増えたか」「お通じの回数が増えたか」という実験を人間に行って、「効果があった」ことが認められています。

 

 

しっかり働くビフィズス菌をとって、便秘を解消したい方にむいています。

 

 

また、BB536は大腸の病気(潰瘍性大腸炎)を軽減する効果もあります。フラジリス菌という、大腸がんの原因になる菌も抑えます。

 

 

〜主な働き〜

 

●便秘予防と解消

 

●ぽっこりお腹のケア

 

●大腸ガンの予防

 

● コレステロールを抑える

 

 

※ネット限定で、1ヶ月1000円(送料込)でお試しできます※

 

※まずは"お試し"して良いと思えば、次回以降は近所のドラッグストアでも買うことができます。

 

 

美容と健康を、両方ケアしたい方

 


乳酸菌革命

 

便秘+美容・健康のケア

 

 

便秘だけでなく、「肌のケア」や「免疫力アップ」もしたい方に、良いサプリです。

 

 

ビフィズス菌だけでなく、乳酸菌をたっぷり配合しています。ビフィズス菌は大腸のケアをしますが、乳酸菌は小腸をケアします。

 

 

「ビフィズス菌」は便秘のケアを、「乳酸菌」はお肌と免疫力アップに働きます。

 

 

乳酸菌のチカラで、小腸の働きをよくします。小腸は食べ物の吸収をする場所です。吸収力が高まると、お肌にしっかり栄養が届くので肌トラブルが改善します。

 

 

ビフィズス菌で便秘のケアをしながら、乳酸菌で肌荒れの予防をすることで、美容と健康をカバーできます。

 

 

〜主な働き〜

 

●便秘予防と解消

 

●肌荒れのケア

 

●免疫力アップ

 

 

 

 

『ぽっこりお腹』が気になる方

 


ウイルキラー

 

 

便秘でガスがたまって、お腹がぽっこりが気になる方にはこのサプリ。

 

 

もともとビフィズス菌は、大腸の悪玉菌をなくす働きがあります。ぽっこりお腹の原因は、悪玉菌がだす「ガス」が腸に残るからです。

 

 

さらにこのサプリは、ビフィズス菌の中でも、スリムなお腹周りを目指せる「B-3」を配合しています。

 

 

「B-3」には、「体脂肪率を減少」「皮下脂肪を減少」させる働きがあることが、実験の結果わかりました。ガスを取り除きながら、お腹周りの体脂肪もケアできます。

 

 

〜主な働き〜

 

●便秘予防と解消

 

●ぽっこりお腹のケア

 

●体脂肪率、皮下脂肪の減少

 

 

 

 

 

ファンケル
快腸サポート

乳酸菌革命

ウイルキラー

画像

効果

●便秘予防と解消
●大腸ガンの予防
● コレステロールを抑える

●便秘予防と解消
●肌荒れのケア
●免疫力アップ

●便秘予防と解消
●ぽっこりお腹のケア
●体脂肪率、皮下脂肪の減少

ビフィズス菌
※種類


BB536


B-3

ビフィズス菌
※量


50億個

不明

不明

価格
※税込
※1ヶ月分

2376円
※30日お試し1000円

2880円

-

定期購入の場合

-

2730円

初回980円
2回目:2980円

使った後の返品

OK

NG

NG

メーカーのページ

 

※ヨーグルトを毎日食べると、1日あたり150円×30日=4500円かかります。

 

▲もう一度、3つのサプリを見てみる

 

 

[よく読まれている記事]