腸内環境を整える方法はサプリが一番!善玉菌を確実に増やして健康な体へ

 

 

悪玉菌が多い腸内をそのままにしておくと、いろいろな体の不調となってあらわれてきます。

 

 

腸の働きが悪くなり、便がスッキリ出にくくなることがあります。腐敗したガスが増えて、おならが臭くなったりひどくなると体臭になることも。

 

 

悪玉菌を減らすことで、「腸内環境」が整い体の不調が改善していくのです。

 

 

具体的に、どうれば悪玉菌が減らせるのか?について、お話していきたいと思います。

 

 

 

 

 

1.悪玉菌を減らすには、どうすればいい?

 

 

わたしたちの大腸には、「善玉菌」と「悪玉菌」が住み着いています。腸の中で生息できる菌には限りがあるので、どちらか一方が増えれば、残りは減ります。

 

 

「善玉菌を増やす」ことで、「悪玉菌を減らす」ことができるのです。

 

 

悪玉菌を直接、なくす方法というのはまだ見つかっていません。下手をすると善玉菌も攻撃する危険があるので、簡単にはいかない部分があります。

 

 

善玉菌を増やすには、どうすればよいのでしょうか?

 

 

2.善玉菌を増やすのに、一番よい方法は?

 

善玉菌はいくつかの種類があり、「乳酸菌もビフィズス菌も乳酸桿菌」も、善玉菌の一種として働いています。

 

 

善玉菌の中の「ビフィズス菌」を増やすことが、「悪玉菌」を減らすのにもっとも効果が期待できるのです。

 

 

「乳酸菌を増やす」イメージがあるかもしれませんが、『腸内にいる善玉菌の99%以上はビフィズス菌』だということをご存知でしょうか。乳酸菌は1%もないのです。

 

 

実は大腸の善玉菌である、ビフィズス菌と乳酸菌の割合は、なんと99.9%がビフィズス菌で、0.1%が乳酸菌。
あまり知られていないことですが、大腸の善玉菌のほとんどがビフィズス菌であり、悪玉菌をやっつけ、腸内フローラのバランスを良好に保つ大切な役割を果たしています。

 

ビフィズス菌と乳酸菌の違い-森永のホームページより-

 

 

いくら乳酸菌を増やそうとしても、もともとの量が違いますので悪玉菌を追い出すことは難しいのです。

 

 

大腸の「ビフィズス菌」をしっかり増やすケアが、とても大事だということがおわかりいただけたでしょうか。

 

 

ビフィズス菌が増えると、腸の中で乳酸や酢酸といった「酸」が生まれます。悪玉菌は酸性の環境を嫌うので、増えにくくなります。

 

 

3.ビフィズス菌は、どうやって増やす?

 

では、ビフィズス菌はどうやって体内におぎなっていけばよいのでしょうか。

 

 

ビフィズス菌をおぎなうには、2つの方法があります。

 

●直接、ビフィズス菌をおぎなう

 

→ヨーグルトやサプリなどで、乳酸菌やビフィズス菌を取り入れる

 

 

●体内にいるビフィズス菌を、増やす

 

→ビフィズス菌のエサになる「オリゴ糖」や「食物繊維」をとる

 

 

2つを比べると、直接おぎなう方が効果が高そうな気がしませんか?

 

 

実は「逆」なのです。

 

 

オリゴ糖でビフィズス菌を増やす方が、直接ビフィズス菌をおぎなうよりもビフィズス菌の増殖は高いことが、実験の結果明らかになっています。

 

(善玉菌・悪玉菌の名づけ親である「光岡知足」の著書-腸を鍛えるより-)

 

 

オリゴ糖1グラム当たり、100億個の乳酸菌が増えるのに対し、直接ビフィズス菌をおぎなえる「サプリ」でも1か月あたりせいぜい50億のレベルなのです。

 

 

ヨーグルトでもビフィズス菌を配合したものがありますが、摂取量を明記したものがほとんどないことからも、量を売りにしてはいないことがわかります。

 

 

また、ビフィズス菌を外からいれると「定着しにくい=便として流れやすい」という点もあります。毎日継続してビフィズス菌をいれないと、悪玉菌を排除し続けるのは難しいということなのです。

 

 

オリゴ糖であれば、たくさんのビフィズス菌を増やす働きが期待できるのです。もともと体内にあるビフィズス菌を増やすので、定着がとてもよいというのも、魅力の一つでしょう。

 

 

 

 

4.オリゴ糖とは、どういうもの?

 

 

オリゴ糖はもともとは「虫歯にならない甘味料」として、砂糖の代わりに使われていた調味料なのです。カロリーは砂糖の2分の1と言われています。

 

 

オリゴ糖は『シロップタイプ』と『粉末タイプ』があります。シロップ(液体)タイプの方が安価でスーパーでも買えますが、オリゴ糖の含有量が30%未満と少ないのです。

 

 

粉末タイプは、もともとが大腸の働きを改善するためのものです。粉末タイプですと、オリゴ糖の含有量が100%のものが多くあります。液体に比べ、値段がやや高いのと通販での扱いが中心なのが難点ですが・・。

 

 

オリゴ糖にもいくつか種類がありますが、「フラクトオリゴ糖」か「ガラクトオリゴ糖」がビフィズス菌を増やすのに高い効果が期待できるものです。

 

 

粉末タイプのオリゴ糖3選

はぐくみオリゴ

カイテキオリゴ

オリゴのおかげ

画像

オリゴ糖の種類

ガラクトオリゴ糖◎
フラクトオリゴ糖◎

ガラクトオリゴ糖×
フラクトオリゴ糖◎

ガラクトオリゴ糖×
フラクトオリゴ糖×

オリゴ糖の種類

5種類

6種類

1種類

特徴

オリゴ糖の充実度はNO.1

日本で一番売れている

トクホ(国で認可された成分を使用)で安心

詳細

メーカーの公式サイトへ

メーカーの公式サイトへ

メーカーの公式サイトへ