1日に何度も便意が出て困る|便の状態でわかる原因と対処法

1日に、何回も便がでてるのっておかしい?

 

 

周りの人とくらべても、1日に何度もトイレ(大)に行っている人はほとんどいないと思います。

 

 

本当であれば「朝に1回だけ便を出す」というサイクルが理想です。

 

 

お仕事している人であれば特に、何回もトイレにかけこむのは恥ずかしいかもしれません。

 

 

・そもそも、これって病気なの?

 

・どうしたら、便の回数を減らせるの?

 

 

について、お話しします。

 

 

 

 

 

1.便の回数はどのくらいが平均?

 

そもそも、一日に何回くらい便をするのが理想なのでしょうか?

 

 

ある調査によると半数の人が「1日に1回」便を出していますし、この回数が理想と言われています。

 

 

実際は3日に1回しか出ない女性も多く、1日に何回も出るというのは少数派であることがわかります。

 

 

便の回数が多い=異常、病気 とは言い切れませんが、何らかの不調が考えられます。具体的に見ていきましょう。

 

 

2.便の状態によって原因は変わる

 

 

便の回数が多いときは、「どんなうんち」なのかを注意深く観察してみましょう。それにより原因と対策は違うからです。

 

 

正常な便、軟らかい便

 

固すぎず、下痢でもない「普通のうんち」。こうした便が繰り返しでるのは、なぜでしょう?

 

 

●便がしっかり出きっていない

 

●食べ過ぎで便の量が多い

 

いずれかが、考えられます。食べ過ぎの場合は、食事の量を控える必要がありますが、「便ができっていない」のは少し問題です。

 

 

判断のポイントは、用を足したあとに「残便感、スッキリしない感じ」が残るかどうかによります。

 

 

便がしっかり出し切れていないため、腸の働きが弱いか、便を押し出す力が弱いことが考えられます。

 

 

普段から腹筋を鍛えて「いきむ力を付けたり」、ヨーグルトなどで乳酸菌を取り入れて『腸内環境を整える』ケアが有効です。

 

 

大腸にはたくさんの腸内細菌がいます。悪玉菌が優位になることで、便を押し出す「ぜんどう運動」の働きが弱くなります。

 

 

腸内の悪玉菌をやっつけるには、『善玉菌を増やす』ことが必要です。

 

 

固くてコロコロした便

 

便意があっても、うさぎみたいに固くてコロコロした便しか出ていない・・一体何が起こっているのでしょう?

 

 

「便がしっかり作られていない」ために、腸の中に長時間留まってしまい小さなうんこしか出ないのです。

 

 

対策は、食物繊維をしっかりとることです。

 

 

食物繊維には「水溶性」のものと「不溶性」のものがあり、両方をバランスよくとることで「しっかりしたうんち」が作られるようになるのです。

 

●水溶性食物繊維

 

水に溶ける食物繊維で、柔らかい便が作られ、スムーズに排出するのを助けます。

 

 

●不溶性食物繊維

 

水に溶けるずに「水分を吸収」して大きく膨らみます。これによりうんちがしっかりした大きさになり、腸のぜん動運動を促し便意が出てくるのです。

 

 

不溶性がないと便の形がしっかり作られませんが、水溶性もしっかり入れないとうんちが固くなってしまいます。両者のバランスが大事です。

 

 

食物繊維は野菜や果物でもとれますが、青汁を飲むとバランス良く食物繊維がとれるのでオススメです。ドラッグストアでも取り扱っています。

 

 

水っぽい便

 

いつもトイレに行きたくなるけど、決まって水っぽい便しか出ない・・という時。

 

 

ストレスによる過敏性大腸症候群の可能性が高いです。ストレスによって腸の働きが悪くなっています。

 

 

ストレスは腸と密接なかかわりがあります。ストレスがたまると腸が"緊張状態"になります。

 

 

腸が「けいれん」を起こして、便ができあがる前にどんどん先に送り出すのです。その結果「水っぽい便=下痢」になります。

 

 

本当なら、時間をかけてゆっくり便はふくらんでいきます。急いで押し出されるので、下痢になってしまうのです。

 

 

どんなケアを、すればいい?

 

 

できるだけリフレッシュをする時間を作り、ストレスをためないようにすることが必要です。

 

 

手軽にできる、リラックスケア

 

・朝、太陽の光を10分ほど浴びて「セロトニン」を増やす。

 

・ウォーキングなど、一定のリズムで動く運動をする。

 

・嫌なことが頭に浮かんだら、頭の中で適当な言葉をとなえてつぶす。「あー、あー」でもOK。

 

 

などのケアをして、できるだけストレスが溜まらないようにケアしましょう。

 

 

 

 

3.病院に行くべきかどうかの判断は?

 

正常な便の場合

 

便自体が詰まっているわけではないので、ひとまず「腹筋」や腸内環境を整えることで様子を見てみましょう。

 

 

病気ではないので、すぐに病院に行く必要はありません。

 

 

固くコロコロした便

 

食生活の見直しが第一です。コロコロした便が出るうちは様子見でよいですが・・

 

 

便が出にくくなって・さらにコロコロ便であれば、「腸に異常が起こっている可能性」があるので、消化器系の病院を受診しましょう。

 

 

水っぽい便

 

すぐトイレにかけこんで、日常生活に支障が出ている場合は病院に行くことをオススメします。

 

 

精神を安定させる薬や、腸の活動を抑える薬など、症状を抑えるのに適切な薬を処方してもらえます。

 

 

消化器科、胃腸科、心療内科のいずれかで診察を受け付けてもらえます。強いストレスを感じているのなら、心療内科がオススメです。